藤庄印刷株式会社

採用情報

社員の声

一つでも多くの要望を叶え
お客様との信頼関係を築きたい。

名前

本社営業 第2グループ
2014年入社

営業として主に官公庁のお客様への提案活動や案件対応などを行っています。タイトな納期や確実な品質を要求される現場で心がけているのは、一つでも多くの要望を叶えること。お客様のほしいモノを形にしていくプロセス。丁寧な対応を一つひとつ積み重ね、お客様との信頼関係を強固なものにしていきたいです。

期待以上のものを納品でき、お客様が喜んでくださることが日々の充実です。大変だと感じることもありますが、そうしたやりがいや周囲の先輩、同僚の支えもあって、頑張ることができています。

藤庄は、しっかりと地域に根差している企業だと感じます。私自身は今後ももっと知識を深め、クライアントからの1の要求に対して、10くらい応えられる営業マンになりたいですね。そして「新宮さんだから頼みたい」という仕事の依頼を増やしていくことが目標です。

※所属・業務内容は取材時点の内容となります。

社員

「この紙で間違いなかった!」と
感じる瞬間が嬉しい。

名前

資材購買部
2005年入社

用紙、インク、溶剤等の資材を仕入れ、それぞれのタイミングでセッティングする仕事をしています。品質の良いものを一円でも安く仕入れることが部署の目標なので、取引先との連携がとても大切です。取引先の皆様には、緊急な対応をしていただいたり、本当にいつも助けられています。

印刷物がきれいに仕上がっているのを見ると、この紙で間違いなかったと安心しますし、嬉しくなります。今後は、資材の担当者として紙やインクの知識を更に深め、営業スタッフに適切なアドバイスができるようになりたいです。

老若男女、上司部下、部署を問わず、従業員同士みんな仲がいいところは藤庄の大きな魅力です。寝る時間を除いて、職場は最も長く過ごす場所なので居心地の良し悪しはとても重要だと思いますし、藤庄は、私にとって『なかなか居心地が良い場所』です。

※所属・業務内容は取材時点の内容となります。

社員

先まわりの連絡でサポート。
これが私の“モノづくり”。

名前

工程管理課
2014年入社

生産管理部で、基幹システムに案件情報を入力する仕事を担当しています。印刷物は、印刷・加工・梱包・発送と、いくつかの部署でバトンをつなぐようにして納品までたどり着きます。この時に情報がしっかり伝達されるように、スタート時点で情報を整理するのが私の役割です。「次工程ではこの部分を誤解するかもしれない」など、自分なりに伝え方を工夫することで、満足していただける製品が仕上がったときは達成感があります。

まったくの別業種から転職してきたこともあり、先輩方には本当にお世話になりました。そんな中、気を付けていたのは「分かったふりが一番ダメ」ということ。正確な製品を納めることが第一ですから、分からないことはとにかく質問しました。その代わり、2度目はきちんとできるようになること。これを自分ルールとして日々の業務にあたっています。より正確に、よりスムーズに。自分ができることを、これからも徹底していきたいです。

※所属・業務内容は取材時点の内容となります。

社員

藤庄は、常に技術の向上を図る
「印刷研究所」のような存在。

名前

枚葉印刷課
2003年入社

現在は枚葉印刷の印刷オペレーターを担当しています。印刷するものは、ポスター、カタログ、パンフレット、広報紙など様々。例えば、自分が印刷したチラシを家族が見ていたりすると、少しでも自分の仕事が世の中で役に立っていると実感でき、やりがいを感じます。
2016年に当社が取得した「Japan Color標準印刷認証※」の本審査では機長を担当し、貴重な経験を通して自信を深めることができました。更新審査もあるので、これまで以上に安定した品質の印刷物を生産していきたいです。

藤庄印刷は、限界を定めず人材の育成に力を入れているところが素晴らしいと思います。社員の声を集めるポストを設置するなど、誰もが意見できる環境にありますし、部下の意見を聞いてくれる上司も多いです。日々、オーダーメイドの印刷をこなすことで、様々な経験とデータを重ね、印刷技術の向上を図っている。そんな当社は自分にとって「印刷研究所」のような場所です。

※Japan Color標準印刷認証
ISO国際標準に準拠し、印刷機械のメンテナンスと数値管理等によって安定した品質の印刷物を作成できる工程管理能力について認証する制度

※所属・業務内容は取材時点の内容となります。

社員

自分を解放できる“藤庄で過ごす時間”
を楽しみたい。

名前

Creative Lab.
企画編集課 マーケティング担当
2011年入社

印刷物の内容や配布の仕方などは近年、より戦略的な視点が求められるようになったと実感しています。そうした声にお応えするため、効果的なプロモーションの立案や市場環境等の情報収集・分析を通し、説得力のある提案ができるよう努めています。

試行錯誤の毎日ですが、お客様から「こんな方法もあったんですね」などの言葉をいただけた時は、充実感があります。また、コンペ案件で自分が考えた企画やプランが評価され、競合を勝ち抜いて獲得できた瞬間は、何物にもかえがたい喜びがありますね。

現在は育児との両立で勤務時間が限られるため、効率をより意識して仕事に取り組めるようになりました。子ども向けテレビ番組や絵本から、思いがけず企画のヒントやアイデアを見つけることもあり、以前より視野が広がったように感じます。そんな私にとってこの職場は、唯一母親モードを完全にOFFにできる空間。一社会人としての自分を解放できる時間を、今後も楽しんでいきたいです。

※所属・業務内容は取材時点の内容となります。

社員

良い仕事ができる
環境づくりをサポート。

名前

経営管理部
1998年入社

経営管理として総務・人事・会計などの業務を行っています。心がけているのは、社員からの提案や要望に柔軟に対応できるよう、常に聞く姿勢を意識し「話しかけやすい」雰囲気をつくること。そして日々の事務作業では、正確かつ迅速に資料を作成することです。

これからの企業は、これまでの常識や慣習にとらわれていては世の中に取り残されてしまいます。そこで当社は働き方の見直しや新しい仕組みを取り入れ、業務の効率化に取り組んでいます。それは、現場の声がよく通る職場でなくては実行できません。社員同士のコミュニケーションが活発な、働きやすい職場づくりを常に意識し、共に歩んでいきたいです。

※所属・業務内容は取材時点の内容となります。

社員

お客様の思いをデザインする。

名前

Design Lab.
2003年入社

今メインで携わっているのは某スーパー様の折込チラシで、振り返れば14年以上、デザインの仕事に携っています。そんな私が普段から心がけているのは、デザインの引き出しを多く持つこと。他社のチラシはもちろん、県内・県外を問わず様々な印刷物を集めて、トレンドやデザインの意図などを考え、自分の引き出しとして落とし込む。多くのサンプルを前にして初めて見えてくるものもあるので、日々、新しい発見がありますね。

藤庄の良さは、結束力の強さだと思います。風通しの良い雰囲気で情報共有もしやすいし、お互いの状況をみて協力し合うことも多くあります。より良い紙面づくりのため、スタッフ同士が良さを出し合える環境は大切です。この先、楽しいことも辛いこともあるでしょうが、柔軟に受け止めて、自分の糧にしていけたらと思っています。

※所属・業務内容は取材時点の内容となります。

社員

お問い合わせ
ご相談・お見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-84-5120

メールからのお問い合わせ